読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で暮らし、都会で働く

職業は経営コンサルタント、通勤手段は新幹線です。

スポーツのスコアを比較してみる


f:id:nolist:20160322171009j:image


本日は完全なる雑記です。

 

今回はあるスポーツのスコアについて、その難易度をどのように説明すると伝わるか、という内容です。

ゴルフ未経験者に、その難易度をどう伝えますか?
フルマラソン未経験者に、その大変さをどう伝えますか?

このようなケースで、私がよく使う比較をご紹介したいと思います。

 

まず私は、ボウリングのスコアに置き換えて説明します。

ゴルフやマラソン未経験者は世の中に数多くいますが、ボウリング未経験者というのはかなり少ないと思います。

つまり、それだけ伝達容易性があるということになります。

 

ボウリングで良いスコアとされるのは、180くらいでしょう(独断と偏見)

そういう私も10回に1回くらいしか、そのスコアは出せませんが・・・


 
これをゴルフで置き換えるとスコア100になると思います。

素人ゴルファーが目指すスコアで、おおむね満足感を得られるスコアです。

 

一方フルマラソンではどうでしょうか?

こちらは多くのランナーが最初の目標とする4時間切り、いわゆるサブ4でしょう。

 

あとはこれを基準に優劣をつけていき、以下の様な内容で私は人に説明しています。


f:id:nolist:20160322170528j:image


如何でしょうか?

感覚で振り分けているので、人によっては違和感があるかもしれません。。


これはあくまで遊びの話ですが、仕事上の説明や提案においても比喩比較表現は有用な伝達手段ですので、うまく活用していきたいものですね。