読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新幹線通勤をしている経営コンサルタントの日々

職業は経営コンサルタント、通勤手段は新幹線です。

日経新聞を無料で読む方法

明けましておめでとうございます。

ろくに更新もしていないブログですが、本年もよろしくお願いします。

 

今回はファイナンシャルプランナーとしての立場で記事を書きます。

 

現状よりも可処分所得、つまり自由になるお金を多くするための方法は2つしかありません。

 

収入を増やすか

支出を減らすか

 

当たり前の話すぎて、怒られそうです。

でも、これらのために能動的なアクションを取っている人は案外少ないと思います。

 

そこで今回は実際に私がやっている財テクをお伝えしたいと思います。

 

先に申しておきますが、投資をするとか、壷を買うとか、そういう怪しげな話ではありません。

 

まずは支出を減らす財テクを1つ紹介します。

 

みなさん、新聞は何を読んでいますか?社会人であれば日経を読んでいる人が多いと思います。

 

紙媒体か電子版で購読料は異なりますが、月額で約4,000円。

年額で約50,000円。

10年読めば約500,000円。

 

なかなかのインパクトですね。

 

結論から言います。

 

 

 

 

日経新聞は無料で読めます。

 

 

 

人と電子版のIDを共有するとか、そんな話ではありません。

 

方法は簡単です。

 

丸三証券に口座を開設して、オンラインサイトのマルサントレードを利用すれば、無料で日経新聞が読めるようになります。

 

開設すれば口座に入金する必要はありません。勿論、何かの商品を買う必要もありません。口座保有者へのサービスの一環として、日経新聞の記事が提供されているのです。

 

参考としてサイトのスクショを貼っておきます。上部にある日経テレコンから日経新聞を読むことができます。

 
f:id:nolist:20170102154609j:image

ちなみに日経新聞の他に、日経産業新聞日経MJも読むことができます。

 

こちらが日経新聞のページです。記事のタイトルが並んでいて、クリックするとテキストで内容が表示されます。


f:id:nolist:20170102154601j:image

 

大半の記事はPDFデータも併せて閲覧できますので、紙面のイメージでも利用可能です。

 

これだけで年間50,000円が浮くのです。

 

現代は、アンテナの高い人が得をする時代です。みなさんも情報強者になって、利得を得る側に回りましょう。

 

このような実用性の高い財テクを今後も提供していきたいと思います。